「ミートソース」と「ボロネーゼ」の違いとは

かつては、スパゲティと呼ばれ「ミートソース」か「ナポリタン」のイメージしかなかったものが、最近では味や素材の種類も豊富になり、家庭でも外食でも、すっかり人気食となったパスタ料理。

なかでもトマトとひき肉を使ったパスタは、美味しさと食べやすさから大人にも子供にも定番となっています。

トマトとひき肉を使ったパスタといえば「ミートソース」と「ボロネーゼ」。

この2つにはどのような違いがあるのでしょうか。

目次

「ミートソース」とは

「ミートソース」という呼び名は古くから日本でも親しまれていますが、パスタ料理での「ミートソース」はトマトや玉ねぎ、ひき肉などを炒めて赤ワインなどで味付けし、煮込んだ“甘みのあるソース”を、スパゲティと絡めて食べる料理のことをいいます。

「ボロネーゼ」とは

「ボロネーゼ」とは、トマトや玉ねぎ、ローリエ、ひき肉などを炒めて赤ワインなどで味付けし、煮込んだ“香味野菜のソース”を、パスタと絡めて食べる料理のことをいいます。

作る工程は「ミートソース」と大きな差はないようです。

「ミートソース」と「ボロネーゼ」のちがい

「ミートソース」は甘みのあるソース、「ボロネーゼ」は香味野菜のソースであることがちがいですが、そのほかのちがいを見ていきましょう。

「ミートソース」は「ボロネーゼ」に比べてトマトの使用量が多く、その分ソースが甘めになります。

一方、「ボロネーゼ」は、「ミートソース」に比べ、ひき肉の量や味付けの赤ワインの量が多くなります。

甘さは少なく、お肉のうま味や香味野菜の香りを楽しむものとなります。

そして、さらに大きくちがうのは、使用する「パスタ」の種類です。

「ミートソース」には、スパゲッティーニと呼ばれる、太さ約1.7mmほどの細い麵状のパスタを使っています。日本でいうところのスパゲティは、このパスタのことを指していることが殆どです。

「ボロネーゼ」はというと、タリアテッレと呼ばれる平打ちのパスタを使用しています。厚さ約1mm、幅は約5mmほどのパスタでしっかりとした歯ごたえが特長です。

このタリアテッレはイタリアのボローニャ地方が発祥なのですが、実は、「ボロネーゼ」というパスタ自体もボローニャ地方が発祥であり、ボローニャ地方で生まれたパスタをボローニャ地方で生まれたソースで食べるものが「ボロネーゼ」となるのです。

「ミートソース」は「ボロネーゼ」がアメリカに渡り、アレンジされて確立されたものであり、それが日本に入ってきて、日本人向けの味付けに改良されたものが、日本でいうところの「ミートソース」なのだそうです。

「ミートソース」と「ボロネーゼ」の違い (まとめ)

「ミートソース」と「ボロネーゼ」のちがいはわかりましたでしょうか。違いを理解したうえで、改めて両者を食べ比べてみる、作り比べてみる、というのもまた一興、かもしれませんね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる