「大統領」と「首相」のちがいとは

日々揺れ動く国際情勢。ニュース番組や新聞、雑誌、インターネットのニュース記事など、どこを見ても、必ずと言っていいほど目にする言葉があります。

その中には、「大統領」や「首相」という言葉も含まれています。その国の政治的代表として機能するこのポジションではありますが、「大統領」と「首相」の間には、どのようなちがいがあるのでしょうか。今回は、「大統領」と「首相」のちがいについて紹介します。

目次

「大統領」とは

「大統領」とは、主に共和制国家における元首のことです。元首とは、国家の統治者を意味し、その国の行政に対して最高首長を務めるポジションとして、国家政策を推進する立場にあるのが「大統領」です。

「首相」とは

「首相」とは、その国の行政の最高責任者です。「大統領」同様に、その国の最高責任者として、国家政策を推進する立場にあります。

「大統領」と「首相」のちがい

大きな視点での役割としては同様である「大統領」と「首相」には、どのようなちがいがあるのでしょうか。

「大統領」はその国の元首として行政権の長として対外的な代表権を持っています。

しかし、「首相」は、行政のトップではあるが元首ではありません。国王のいる国は国王が元首です(日本においては天皇を元首とする説、首相を元首とする説などが混在し、明確な定めはありません)。

「大統領」は直接選挙によって選出されますが、「首相」は間接選挙で選ばれます。簡単に言うと、直接選挙とは、候補者本人に投票する選挙、「首相」の間接選挙とは、代表となる国会議員の候補者に投票し、その国会議員が「首相」を選出する選挙のことを言います。

「大統領」のいる国家は、大統領の権力が強大なアメリカや韓国、「大統領」が象徴的な存在であるドイツ、イタリアなどがあげられます。

一方、「首相」のいる国は、日本をはじめ、イギリス、オランダ、スウェーデンなどがあげられます。中には、韓国、フランス、ドイツなどのように「大統領」と「首相」の両方が存在する国もあります。

「大統領」と「首相」の機能的なちがいを見てみましょう。「大統領」は「首相」に比べ権力が集中しており、トップダウン型の強固で迅速な政権運営が可能と言われています。その分、議会との対立はしばしは、です。

「首相」は、議会によって選出されるため、議会との対立は比較的少なく独裁的な運営になりにくいという利点がありますが、議会とのすり合わせなどで運営スピードが遅いという問題もあるようです。

「大統領」と「首相」のちがい  まとめ

今回は、「大統領」と「首相」のちがいを紹介しました。

「大統領」であれ「首相」であれ、その国家にとって国内外で必要なことは何か、国民の生活や精神がより安定し、よりよく生きることができる政策は何か、を客観的な事実も交えて議論し、政策を実行できる行政機関であって欲しいものです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる