「健診」と「検診」の違いとは

「定期的に『けんしん』を受けましょう。」と言われたときに、「けんしん」が、「健診」「検診」のどちらなのか、迷う方も多いのではないでしょうか。

今回は、「健診」と「検診」の違いについてお伝えします。

目次

「健診」とは

「健診」とは、「健康診断」を略したものです。

「健診」は、現在の自分自身の健康状態を確認することが目的です。

「健診」は、生活習慣病やさまざまな病気を早期発見し、また病気を予防するために行われます。

毎年「健診」を受けることによって、自分の体の変化に気づき、どうすれば健康を維持できるのかを考えるきっかけとなるのです。

「健診」は、主に

  • 勤務先で受けることができる「一般健診(定期健診)」
  • 自治体が行っている「特定健診」

があります。

「一般健診」

「一般健診」は、事業者が労働者に対し1年に1回以上実施するものです。

「 特定健診」

「特定健診」は自治体が、40歳~74歳までを対象に、生活習慣病の予防・早期発見を目的として行います。

「メタボリックシンドローム(メタボ)健診」ともいわれます。検査結果、生活習慣病のリスクが高い人に対して、保健師、管理栄養士による健康指導が行われます。

 

「検診」とは

「検診」とは、「検査」+「診断」のことです。

「検診」は、特定の病気になっていないかを発見することが目的です。

「検診」は

  1. 自治体が行うもの
  2. 個人的に自由診療で受けられるもの

があります。

自治体が行う「検診」

一定の年齢範囲の住民に対して行います。目的は、特定の病気の早期発見、早期治療です。

 具体的には、5大がん(胃がん・大腸がん・肺がん・乳がん・子宮頸がん)の検査が行われます。

個人的に受ける、自由診療の「検診」

いわゆる、人間ドックです。

個人の自由で受けることができます。

一般健診や特定検診の基本的な検診内容に加えて、

  • 胃カメラ
  • CT
  • MRI
  • 脳検査
  • 女性特有の疾患の検査

など、「検診」を行う医療機関によって、さまざまなコースが準備されています。

「健診」と「検診」の違い

「健診」と「検診」の違いは、次のようにまとめることができます。

「健診」「検診」
意味「健康診断」のこと「検査」+「診断」のこと
目的現在の全身の健康状態を評価し、病気を早期発見、予防する特定の病気(がんや脳の病気など)を早期発見、早期治療につなげる
種類勤務先で行う一般健診(定期健診)
自治体が行う特定健診(メタボ健診)
自治体が行う、5大がん検診
           (胃がん・肺がん・大腸がん・乳がん・子宮頸がん)

  
「健診」と「検診」の違いまとめ

「健診」と「検診」の違いについてお伝えしました。

「健診」は、現在の健康状態を確認し、病気を早期発見・予防するためのもの
「検診」は、特定の病気を早期発見し、早期治療につなげるためのもの
です。

「健診」「検診」どちらも、健康な体でいられるために重要なものです。
二つの違いをよく理解し、健康管理につなげていきましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる