「クレジットカード」と「デビットカード」のちがいとは

常に多量の現金を持ち歩かなくても買い物や食事など高額の支払いに対応できるもの、といえば「クレジットカード」を思い浮かべる方も多いでしょう。

学生のころは持っていなかったが、社会人になったタイミングで自分の「クレジットカード」を作ったという方もいらっしゃると思います。

店舗など「その場」での決済だけでなく、ネットショッピングなどでも利用でき、利便性の高い「クレジットカード」ですが、「デビットカード」という言葉を聞いたことはありませんか。

今回は、「クレジットカード」と「デビットカード」のちがいについてご紹介します。

目次

「クレジットカード」とは

「クレジットカード」とは、現金の代替として多くの購入や支払に使用できるカードのことです。

特定の支払い日に、特定期間の支払額の合計が、登録された銀行などの口座から引き落とされる仕組みになっています。

「デビットカード」とは

「デビットカード」とは、「クレジットカード」同様に、現金の代替として多くの購入や支払に使用できるカードのことです。

「クレジットカード」と「デビットカード」のちがい

「クレジットカード」と「デビットカード」のちがいは、支払いの仕組みにあります。

先にお話しした通り「クレジットカード」は、特定の支払い日に、特定期間の支払額の合計が、登録された銀行などの口座から引き落とされる仕組みです。

一方、「デビットカード」は、使用した時点で支払額が即引き落とされる仕組みになっています。そのため、極端に言えば「クレジットカード」は、口座残高を気にせず使用可能、「デビットカード」は、口座残高が足りなければ使用不可能、ということになります。その他のちがいを見ていきましょう。

「クレジットカード」は18歳以上(高校生除く)が作成可能ですが、「デビットカード」は、大抵は高校生を含み15歳以上が作成可能、という年齢的なちがいがあります。

また、「クレジットカード」にはポイント還元という仕組みがあり、平均で支払金額の0.5%~5%前後のポイントが利用者に付与され、ポイントが一定数蓄積されると商品や商品券、マイルなどのポイントへの移管などが可能です。

「デビットカード」は、ポイント還元の仕組みがないものがほとんどで、仕組みがある場合でも「クレジットカード」ほど還元されないようです。

「クレジットカード」と「デビットカード」のちがい まとめ

今回は「クレジットカード」と「デビットカード」のちがいをご紹介しました。

ポイント還元だけでなく、ネットショッピングやアプリからの購入にも対応した「クレジットカード」のほうが利便性は高く利用者が多いのが実情のようですが、誰が利用するのかによって、どちらのカードがいいのか考えて選択するのがよさそうですね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる