「個人情報」と「プライバシー」の違い

「個人情報」「プライバシー」という言葉は、情報化社会の中でよく耳にする言葉です。

「でも、『個人情報』と『プライバシー』の違いについて聞かれると、答えられない…」
という方も多いですね。

今回は、「個人情報」と「プライバシー」の違いについてお伝えします。

目次

「個人情報」とは

「個人情報」とは、法律用語で、本人を特定するための情報のことです。

英語では、personal informationといいます。

「個人情報」にあたるものは、本人の氏名や生年月日、住所、住民票の番号、マイナンバーなどです。

またメールアドレスやID、名刺なども、別の情報と合わせると個人と特定できるため、個人情報にあたります。

つまり、個人の情報で、かつその情報が誰のものかはっきりしている場合、「個人情報」となるのです。

「個人情報」は、生存している個人や、特定の個人を識別する情報です。亡くなっている方の情報でも、残された家族や関係者にとって取り扱いに注意しなければならない場合、「個人情報」となります。

日本では、「個人情報保護法」という法律が施行されています。

「プライバシー」とは

「プライバシー」とは、他人に知られたくない個人の秘密、本人や家族内の私生活のことです。

英語では、privacyといいます。

また、その個人の秘密や私生活が他人から干渉されたり、侵害を受けたりしない権利のことも意味します。

日本の法律では、プライバシーの権利が規定されています。

誰にも公開していない私生活の情報を勝手に公開され、被害者が不快に感じた場合、「プライバシーの侵害」になります。

「個人情報」と「プライバシー」の違い

「個人情報」と「プライバシー」の違いは、

個人情報

  • 本人を特定するための情報
  • 個人の情報であり、その情報が誰のものかはっきりしているもの

プライバシー

  • 他人に知られたくない個人の秘密
  • 本人や家庭内の私生活

では、「個人情報」と「プライバシー」の違いを、郵便物を例に考えてみましょう。

  • 「個人情報」…郵便番号、住所、氏名など
  • 「プライバシー」…郵便物の中身

となります。

郵便番号、住所、氏名などの個人を特定するための情報は、郵便物を配るために必要ですね。これが、「個人情報」です。

しかし郵便物の中身は、他人には知られたくない、本人の大切な事柄です。これが、「プライバシー」です。 

「個人情報」と「プライバシー」の違い まとめ

「個人情報」と「プライバシー」の違いについてお伝えしました。

個人情報は「外面的なもの」、プライバシーは「内面的なもの」といえます。 

「個人情報」と「プライバシー」は絡み合っており、現代の情報社会においてとても重要なものです。

「個人情報」「プライバシー」が何を指すのか、理解しておくことが大切です。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる